bar
大学TOPへ
 

 精神と身体、そして人を取りまく環境を一体のものとしてとらえる心身環境論について認識することが重要なテーマである。そのために、講義では、心身環境論に立脚したカウンセリングの方法を研究し、実践の手法について知識を深めたい。
日本では、実際に必要とされる医療現場で、臨床心理実習が欠けている。本講義では将来のためにとくに、この心身医療の現場における実習と理論学習を組み合わせた新しい形式を実践したいと考えている。

履修モデル
区 分 科 目 単 位 開設年次 終了要件
単位数
必修科目 フィールド/スタジオ研究T
フィールド/スタジオ研究U
選択科目 人間存在特論 1・2 22
心身環境特論(身体系) 1・2
心身環境特論(心理系) 1・2
心身医療特論 1・2
スポーツ科学特論 1・2
歴史環境特論 1・2
国際人権特論 1・2
環境社会学特論 1・2
都市物質代謝特論 1・2
CSR経営特論 1・2
国際環境ビジネス特論 1・2
修士論文