bar
大学TOPへ
 

 気象や気温、気圧や湿度などは直接身体をとりまく外界環境と考えることができる。こういった環境の変化は人間の健康にどのような影響を与えるのだろうか。まず身体生理について、その現象や機能を理解した上で、これら外界環境の変化にともなって生じる生理学的反応を調査研究する。そのためにまず、これら調査研究のための理論と実戦のための手法を身につける。
 また人間が身体活動をおこなう場合、直接関わる環境としては、路(床)面、靴、場所や、活動に用いる用具などが様々考えられる。これらの条件が身体活動にどんな影響を与えるか、種々の項目を対象にしてバイオメカニクルな手法によるデータの集積や解析をおこない、健康スポーツの現場で臨床研究をおこなう。

履修モデル
区 分 科 目 単 位 開設年次 終了要件
単位数
必修科目 フィールド/スタジオ研究T

フィールド/スタジオ研究U

選択科目 人間存在特論 1・2 22
心身環境特論(身体系) 1・2
心身環境特論(心理系) 1・2
心身医療特論 1・2
スポーツ科学特論 1・2
歴史環境特論 1・2
国際人権特論 1・2
環境社会学特論 1・2
都市物質代謝特論 1・2
CSR経営特論 1・2
国際環境ビジネス特論 1・2
  修士論文